広告におけるフライヤー印刷

0
Filed under フライヤー印刷について

広告の手段として今はインターネットを使用したウェブ広告が急速に普及してきます。その中でフライヤー印刷は、現在の広告媒体の中で重要な役割として拡大している広告手段です。フライヤーとは、サイズの小さな広告・チラシを呼ぶ場合が多く、だいたいA4サイズ以下の物をチラシと分けて呼んでいます。また、リーフレットなどでは厚さによってチラシと分けている場合もあります。薄手の用紙をチラシ、中厚の用紙をフライヤーそして厚手の用紙をカードと分けている場合もあります。サイズと厚さで分かれると覚えておけば問題ないでしょう。その名のとおり 鳥などが飛ぶように宣伝が広まるといった意味のフライからこの名前になったと言われています。サイズ的に受け取ってもジャマにならない大きさでまた、作成も安くて簡単なこともあり非常に広告ツールとして効果が高いです。現在各業者ではインターネットを使って簡単に依頼ができます。オンデマンド印刷といったりしますが、サイズや枚数、色や納期を入力して簡単さを売りにしている業者が多いです。テンプレート等を用意して完成度の高い物を手軽に作成が可能になってきております。時間も3時間等をうたった物もあり急な依頼にも対応が可能になってきていて、ウェブを使用した広告に対抗しようとする業者が積極的に展開しております。ただ、こういった広告等の販促ツールを印刷業者や広告業者に丸投げしてもお客様の反応は薄いです。どうしても価格競争になり横並びの内容になってきています。広告内容がやはり決め手です。価格・品質といった商品の事だけでなく何を伝えたいのかやはりここがお客様へのアピールになることを考えていきましょう。

フライヤー広告の印刷ならネットが活用おすすめ

0
Filed under フライヤー印刷について

フライヤーはチラシと並んで広く普及している広告媒体です。チラシとの違いは、そのサイズや厚さにあります。チラシと比べて、フライヤーはより小さいA7やB7にまで対応しています。また、大量部数で一枚一枚が薄いチラシに対し、厚い紙にも対応した小部数のものになります。両者とも印刷方法は同じですが、要望に応じてどちらかに分類されることになります。フライヤーの場合、大きいサイズから小さいサイズまで対応可能なので、活用範囲が広いのが魅力です。小さいサイズで折り加工を施し、パンフレット状の各種案内状、イベント告知として利用されたり、大きいサイズにすることで、お店のメニュー作成などにも最適です。こうした広告媒体の印刷依頼なら、インターネットサービスの利用がおすすめです。多くの印刷会社では、ネット上での注文を請け負っています。手軽に注文できて、納品は郵送で送ってくれるので手間が少なく効率的です。デザイン依頼をする場合もネットサービスが便利です。業者のなかには、画像や商品データをホームページ上でやり取りしながら、デザイン作成の依頼やテンプレートを使用して自分でデザイン作成ができるサービスもあります。サイズや種類、部数によって料金は変わってきます。料金表やオプション加工など業者ごとに異なるので、情報収集が大切になってきます。デザイン依頼も行う場合は見積りする必要があります。比較サイトや、一括見積もりサイトを利用し、最適な業者を探してみてください。

フライヤー印刷と黒インクの特性

0
Filed under フライヤー印刷について

フライヤーとは商品の宣伝やイベントの案内を行うためのチラシのことです。定型サイズでA7~A3、B8~B4などの種類があります。この他にもオリジナルの不定形サイズで作成してくれるところもあります。印刷の種類は、オフセット、オンデマンドなどがあります。現在最も主流な方式であるオフセットは、インキを版に付け、版からブランケットというゴム製の中間転写体にインキを転移させてから用紙に刷る方法です。オンデマンドは印刷用データから版を出さず、直接用紙にプリントする方法です。オフセットでは対応できない少部数から承ることが可能です。黒には、「スミベタ(K100%)」「リッチブラック」「4色ベタ」と呼ばれるものがあり、それぞれ特徴や使用上の注意点があります。スミベタ(K100%)とは、K(黒インク)100%で表現される黒のことです。スミベタ(K100%)で作成されたオブジェクトはすべてオーバープリント処理されます。この場合下に重なって印刷された他の色が透けて見えてしまう場合がありますので、K以外の色を1%でも混ぜることで回避できます。CMYKカラーでデータを作成する際、4色をかけあわせて作成した黒を「リッチブラック」といいます。色を混ぜ合わせて作る「リッチブラック」といいます。色を混ぜ合わせて作る「リッチブラック」の場合は文字や細かいオブジェクトの場合、見当ズレが起こりやすくなります。CMYKの全ての配色の合計が300%以下になるよう推奨されていますので、CMYKそれぞれの色をすべて100%で作成された「4色ベタ」は使用を推奨されません。