フライヤー広告の印刷ならネットが活用おすすめ


フライヤーはチラシと並んで広く普及している広告媒体です。チラシとの違いは、そのサイズや厚さにあります。チラシと比べて、フライヤーはより小さいA7やB7にまで対応しています。また、大量部数で一枚一枚が薄いチラシに対し、厚い紙にも対応した小部数のものになります。両者とも印刷方法は同じですが、要望に応じてどちらかに分類されることになります。フライヤーの場合、大きいサイズから小さいサイズまで対応可能なので、活用範囲が広いのが魅力です。小さいサイズで折り加工を施し、パンフレット状の各種案内状、イベント告知として利用されたり、大きいサイズにすることで、お店のメニュー作成などにも最適です。こうした広告媒体の印刷依頼なら、インターネットサービスの利用がおすすめです。多くの印刷会社では、ネット上での注文を請け負っています。手軽に注文できて、納品は郵送で送ってくれるので手間が少なく効率的です。デザイン依頼をする場合もネットサービスが便利です。業者のなかには、画像や商品データをホームページ上でやり取りしながら、デザイン作成の依頼やテンプレートを使用して自分でデザイン作成ができるサービスもあります。サイズや種類、部数によって料金は変わってきます。料金表やオプション加工など業者ごとに異なるので、情報収集が大切になってきます。デザイン依頼も行う場合は見積りする必要があります。比較サイトや、一括見積もりサイトを利用し、最適な業者を探してみてください。