広告におけるフライヤー印刷


広告の手段として今はインターネットを使用したウェブ広告が急速に普及してきます。その中でフライヤー印刷は、現在の広告媒体の中で重要な役割として拡大している広告手段です。フライヤーとは、サイズの小さな広告・チラシを呼ぶ場合が多く、だいたいA4サイズ以下の物をチラシと分けて呼んでいます。また、リーフレットなどでは厚さによってチラシと分けている場合もあります。薄手の用紙をチラシ、中厚の用紙をフライヤーそして厚手の用紙をカードと分けている場合もあります。サイズと厚さで分かれると覚えておけば問題ないでしょう。その名のとおり 鳥などが飛ぶように宣伝が広まるといった意味のフライからこの名前になったと言われています。サイズ的に受け取ってもジャマにならない大きさでまた、作成も安くて簡単なこともあり非常に広告ツールとして効果が高いです。現在各業者ではインターネットを使って簡単に依頼ができます。オンデマンド印刷といったりしますが、サイズや枚数、色や納期を入力して簡単さを売りにしている業者が多いです。テンプレート等を用意して完成度の高い物を手軽に作成が可能になってきております。時間も3時間等をうたった物もあり急な依頼にも対応が可能になってきていて、ウェブを使用した広告に対抗しようとする業者が積極的に展開しております。ただ、こういった広告等の販促ツールを印刷業者や広告業者に丸投げしてもお客様の反応は薄いです。どうしても価格競争になり横並びの内容になってきています。広告内容がやはり決め手です。価格・品質といった商品の事だけでなく何を伝えたいのかやはりここがお客様へのアピールになることを考えていきましょう。